スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

傷の治り具合

 こんばんわ、ひまじんです。
 
朝晩は少し涼しくなったかな?って思ったら昨日・今日って暑いですね。
 
さてさて、今日は先日コケてできた足のキズ(大腿部 直径3~4センチ)について。
 
少し前にある人がサッカーでケガをして医者に行ったら、「湿潤療法」を施されていました。
 
湿潤療法ってのは、傷口ををラップとかで傷口を覆うことでその内部にケガをしたら出てくる体液
 
(透明の少しネバっとしたやつ。血じゃないよ。)を保存し、その体液の力でキズを治してしまおうってもの。
 
要するに人間自身の持つ治癒能力を生かそうってことですね。
 
 コレすごく興味があったので、コケてできた傷口が結構大きかったのと、自分でオキシドールで消毒して
 
普通の絆創膏貼ってもさっぱり良くならんかったこともあって「湿潤療法」に挑戦しました。
 

 
で、買ってきたのがBAND-AID キズパワーパッド(写真左)。
 
 体液がたまって絆創膏自体が膨らむのですが、初期だったので傷口が大きかったのもあって、
 
寝ている間に絆創膏から体液が流れ出て、シーツ等が汚れて大変でした。
 
 で、次に買ってきたのはケアリーブ バイオパッド。なぜ違うの買ったのかって??
 
それは通常なら2~3日貼りっぱなしで良いようですが、先に書いたように体液が流れ出てしまうので
 
毎日貼り替える羽目になったから。大きなサイズなのでBAND-AID キズパワーパッドは3枚入り、
 
ケアリーブ バイオパッドは4枚入りなんですよね。そしてケアリーブ バイオパッドのほうが100円くらい安い。
 
(ちなみに800~900円程度/箱でした。)
 
 ケアリーブ バイオパッドのほうは肌色のテープの中に白いバイオパッドがあって粘着が良いんですよ。
 
先のBAND-AID キズパワーパッドは透明で傷口の確認がしやすいのですが体液を吸ったあとのふくらみ
 
かたがすごいです。
 
 で、「安いしケアリーブ バイオパッドのほうがいいな。」って思っていました。
 
しかし使用2日目(毎日張替えたので2枚目)のバイオパッド使用時に粘着面が非常に痒くなってしまいました。
 
粘着が強すぎるせいなのかはわかりませんが、何せ痒いんです。
 
そこで1枚残っていたBAND-AID キズパワーパッドに変更。そしたら痒くないんですよね~。
 
 キズはどうなったのかというと、自分でも驚きなのですが皮膚が外側から再生してきています。
 
もう少ししたら、普通の絆創膏に変えようかなって思っています。ということで驚きの湿潤療法でした。
 
 興味をもたれた方は、ケガされたとき「湿潤療法」体験してみてください。
 
ただし、使用する絆創膏の説明書はよく読んでください。
 
なぜなら、今回はワタシはやってはいけないことをしています。
 
「キズは消毒せずに、すぐに絆創膏で覆ってください。」みたいなことが書かれています。
 
いろいろ問題もあるようです(ネットで検索すれば出てきます)ので、体験する方は自己責任でお願いしますね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひまじん96

Author:ひまじん96
「ひまじんのブログ」にようこそ。

自転車や読書、日常の出来事など書いていきます。

bijin tokei
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。