スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄金を抱いて翔べ 読みました。

ひまじんです。

今まで読んだことのない高村薫さんのデビュー作だそうです。

今回はミーハー(死語??)に映画化が気になって読んでみました。

51Owq7S1C2L__SL500_AA300_.jpg


銀行本店の地下深く眠る6トンの金塊を奪取せよ。
大阪の街でしたたかに生きる6人の男たちが企んだ、
大胆不敵な金塊強奪計画。

ハイテクを駆使した鉄壁の防御システムは、
果して突破可能か?変電所が炎に包まれ、
制御室は爆破され、世紀の奪取作戦の火蓋が切って落とされた。
日本推理サスペンス大賞受賞
圧倒的な迫力と正確無比なディテイルで絶賛を浴びた著者のデビュー作。


って背表紙のあらすじに書いてありました。

さすがに映画化にあたって再版されただけあって、背表紙のあらすじバッチリです。

で、内容ですがお話は面白いと思いました。

映画でどんな感じに表現されているか楽しみです。かといって見に行くかどうかは不明です。

ただねぇ、文章がねぇ。個人的に読みにくかったと思います。

まずは情景描写の多いこと。まるで松本清張さんのようです。

そしてもうひとつ。ハードボイルドっぽいんですよね。こちらは昔読んだ北方謙三さんのよう。

まとめると、すごくスピード感を感じる文章なのですが、要所要所で情景描写を読むのが

面倒に感じます。また内容も手伝ってハードボイルド調です。

この文章がどう映画になるのかもひとつ楽しみです。

井筒和幸監督ですし。

って、こいつは観に行きそうだな。子供にアニメ映画連れて行かされないかぎりね。

ちなみに読むのに1週間かかりませんでした。

ということは結果的にワタシにとって面白い作品だったのでしょうね。

ってことで、ひまじんでした。また。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひまじん96

Author:ひまじん96
「ひまじんのブログ」にようこそ。

自転車や読書、日常の出来事など書いていきます。

bijin tokei
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。