スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愚行録 貫井徳郎 

 こんばんわ、ひまじんです。
 
さて今回は「愚行録 貫井徳郎」です。
 
貫井さんの作品を読んでみよう、と思って手に取ったものを読んでみることに。前回「慟哭」で非常に
 
面白かったので今回も期待して借りてきました。
 
 今回作品を読んで思ったのですが、貫井さんの作品は他の人と話の書き方がまったく違っています。
 
描かれている視点が最初から誰なのかさっぱり不明なのです。
 
で、読み進めている間に、話の流れが理解できてきたらクライマックスという感じです。
 
今回も誰の視点なのかは最後の最後までわかりません。そして犯人が誰なのかも最後までわかりません。
 
普通の作品は「トリック」ってあるのですが、貫井さんの作品にはありません。
 
話の持って行きかたで誰が犯人なのか、どういった話なのかを分からなくしています。
 
ある種トリックなんでしょうね。
 
 こんな文章の書き方ってあるんだな~って思い知らされた感じです。
 
で、作品の中身はというと結構ドロドロです。でも面白かったですよ。
 
この作品の中で描かれている、早稲田とか慶応の実情ってどこまで現実なんでしょうか。
 
分かる方がいれば教えて欲しいです。
 
 さてさて、次は何読もっかな~。
 
試験勉強もあるし、ぼちぼちな感じで行きたいです。
 
では、また。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひまじん96

Author:ひまじん96
「ひまじんのブログ」にようこそ。

自転車や読書、日常の出来事など書いていきます。

bijin tokei
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。